ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、1月6日、岐阜県教育委員会が県内の全公立学校に提供する共通仮想基盤と、4K画質で品質の高い遠隔研修システムを構築したと発表した。2014年12月から稼働している。

 岐阜県教育委員会は、共通仮想基盤によって、県立高等学校・県立特別支援学校(県立学校)の教職員約5000人が利用するグループウェアや、市町村立小中学校・県立学校の教職員約2万人が利用するウェブメールなど、約40の情報系システムごとに異なっていた物理サーバー群と、各県立学校がそれぞれ所有していたファイルサーバーを統合・集約し、設備投資コストと運用管理負荷を大幅に削減した。これらのデータは、遠隔地へバックアップすることで、事業継続・災害対策を実現している。

 ICT基盤の統合・集約に伴い、新たに県内の公立学校の教職員全員の統合ID管理とシステム連携機能を導入し、システム全体で利便性と運用性を大きく向上した。

 また、4Kカメラを用いた高品質のビデオ会議システムを使った遠隔研修によって、教職員は移動時間とコストを削減するとともに、臨場感の向上によって研修の効果を高めることができる。

 ネットワンシステムズは、共通仮想基盤の構築にあたって、豊富な導入実績とノウハウをもつVMware・Cisco・EMCの製品を組み合わせた事前検証済みの仮想基盤パッケージソリューション「VSPEX」を提案。各社の管理ソフトウェアを連携させることで仮想基盤全体を一元管理し、運用管理負荷を大きく低減した。

 障害発生時には、物理環境と仮想環境の連携によって迅速にサービスが自動復旧するとともに、サーバーメンテナンス時も停止することなく、サービスが継続する仕組みを整えた。遠隔地へのバックアップの際には、重複データを排除する。

 統合ID管理は、教職員の人事異動情報から、既存情報との差分を自動抽出してID管理基盤に反映する仕組みを整備。IDをグループウェア・ウェブメール・Active Directoryなどと自動的に連携させることで、管理者の負荷軽減と利用者の利便性を向上した。また、リモートメンテナンス用に仮想デスクトップを導入。運用担当者は、時間と場所を選ばずに情報セキュリティを確保した環境でメンテナンスができる。

 遠隔研修システムは、Cisco TelePresenceによる4K画質の高品質ビデオ会議システムを提案。講師・受講者の映像と講義資料を二つの画面に分けて出力し、対面研修に近い臨場感で、双方向でタイムラグのないコミュニケーションを実現した。さらに、コンパクトに収納できるビデオ会議端末を選択したことで、研修内容や対象教員に応じて、柔軟に会場を変更することができる。

 提案の際には、最先端ICTを体感できるネットワンシステムズのデモ施設、ソリューション・ブリーフィング・センターを活用。各種製品を組み合わせた仮想基盤とビデオ会議システムについて、自社導入経験と運用ノウハウにもとづいて、効果や操作性を具体的に提示したことも高く評価された。