エヌワーク(清水池秀生社長)は、60歳以上のIT経験者やコンサルタント、営業経験のあるビジネスパーソンを対象に企業への派遣を行う、シニア向け人材派遣事業を2月24日に開始した。また、事業の開始にともない、幅広いビジネスパーソンが登録できるよう、人材派遣登録サイト「Bizシニア人材バンク」を同日開設した。

 現在、派遣社員は若年層の働き方という認識が強くある。しかし、フルタイム、パートタイムなど幅広い働き方で、60歳以上のフレキシブルな働き方のニーズと合致している場合もある。そこで今回、同社では、今まで培ってきたスキルやノウハウを生かした専門分野での就労機会を増やしていくため、システム開発やネットワーク構築などの社業を生かし、IT関連のノウハウをもつシニア人材を各企業に派遣する事業を開始する。

 具体的には、就労を希望する60歳以上のIT経験者などに、「Bizシニア人材バンク」に登録してもらう。登録者は、スキルや労働条件が合致した案件を検索して、応募することが可能。フルタイム勤務や、週数日のコンサルティング、IT・ネットワーク構築、システム開発など、多岐にわたる仕事を選択することができる。さらに、同社から労働条件が合致した案件も紹介する。同社は、Bizシニア人材バンク登録者と雇用契約を結び、派遣先企業に就労してもらう。

 また、勤めている会社で定年を迎えたが、就労の条件が合致せず再雇用ができない場合は、退職先への復帰を希望する人と同社が雇用契約を結び、退職先に派遣社員として、年令を問わず短時間勤務でも就労してもらう。これにより、今まで培ってきたスキルやノウハウを生かして、双方にメリットが見込める雇用を確保する。

 なお、「Bizシニア人材バンク」は、同社の本社所在地である愛知県を中心とする中部地方と、高い需要が見込まれる東京都を中心とする関東地方でサービスを開始する。初めて派遣社員として就労する人も安心して働けるよう、万全のサポート体制でバックアップし、シニアが社会に進出できるよう支援していく。