富士通システムズ・イースト(石川享社長)の100%子会社であるFsolアクト(佐藤光夫社長)は、障がい者の雇用促進とグループ企業へのオフィスサービス業務の提供を目的に、4月1日に沖縄オフィスを開設した。

 Fsolアクトは、障がいをもつ人たちに、働きがいのある場を提供することによる豊かな社会づくりを目指し、これまで文京本社、青森オフィス、札幌オフィス、長野オフィス、仙台オフィス、新潟オフィス、大宮オフィスを開設し、活動の場を広げてきた。

 今回、富士通システムズ・イーストのグループ企業である沖縄富士通システムエンジニアリング(内田伸社長)へオフィスサービス業務を提供するため、地域展開の第7拠点として沖縄オフィスを開設した。なお、「Fsolアクト沖縄オフィス」は、富士通グループでは県内初の特例子会社によるオフィス開設となる。

 今後も、富士通システムズ・イーストグループでは、障がいをもつ人たちの働く場のさらなる拡大に向けて、継続的な雇用の促進に力を注いでいく。