東芝ソリューション(錦織弘信社長)は5月14日、輸送計画策定支援のSaaS「TrueLine」が、情報サービス産業協会(JISA)の「JISA Awards 2015 Winner」を受賞したと発表した。

 「TrueLine」は、運行ダイヤ、車両の割り当て、乗務員の運用など、輸送サービスに必要となる複雑な計画立案業務を効率化するSaaS。日本の精緻な運行計画づくりのノウハウをベースにしながら、直感的な操作を可能とする簡便なインターフェースを備え、世界各国の交通・運輸事業者に低価格で提供する。同サービスは、東芝と東芝ソリューションが共同開発し、東芝が提供するクラウドサービスとなる。

 今回、「JISA Awards」の対象となる「独創性が高く、国際的に通用するシステム」として、「TrueLine」が評価され、Winner受賞につながった。なお、「JISA Awards」は、JISAが2011年度に創設した表彰制度で、実際は今回が4回目となる。