アドバンリンク(鈴木潤代表取締役)は、5月22日、Yellowfin Japan(グレン・ラビー代表取締役CEO)と、BIツールYellowfin(イエローフィン)の販売代理店契約を締結したと発表した。

 Yellowfinは、BI製品の高価で複雑な機能という問題点を、“導入しやすく、使いやすく”に変え、サブスクリプションライセンスにより安価に導入できるとともに、データ分析やレポーティングだけでなく、レポートの開発やシステム管理まですべてWebベースで作業するため、情報システム部門に頼らずに、利用部門で簡単に操作することができる。また、多彩なレポート、ダッシュボード機能はもとより、モバイルでの利用、グラフや分析結果を他のアプリケーションに組み込むことが可能など、ユーザーのさまざまなニーズや利用シーンに対応することができる。

Yellowfinの画面イメージ

 アドバンリンクでは、これまで自社製品の統合CRMプラットフォーム「CRMstage」をベースに、クライアント企業へのCRMソリューションを提供してきた。今後は、CRMstageとYellowfinを連携して、データ分析機能を拡充することで、顧客分析だけでなく、広告効果分析やソーシャルメディアの分析などのマーケティング分析機能を強化し、「プライベートDMPソリューション」としての機能を充実していく。また、Yellowfin単独利用としても、BI/DWHソリューションとして、ユーザー企業に展開する。

 なお、アドバンリンクからYellowfinを提供する場合には、オンプレミス(サブスクリプションライセンス)、クラウドサービスのどちらでも対応可能。価格は、クラウドサービスが5ユーザー月額5万5000円から、オンプレミス(サブスクリプションライセンス)が5ユーザー月額2万5000円から。