日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)とエンカレッジ・テクノロジ(石井進也社長)は、8月18日、NSWのクラウドサービスで、エンカレッジ・テクノロジのマイナンバー制度に求められる安全対策を備えた内部不正防止ソフトウェア「ESS AdminGate」の提供を、8月から開始したと発表した。

クラウド環境におけるアクセス制御・証跡管理のイメージ

 ESS AdminGateは、システムを管理するための特権IDとその証跡を管理するソフトウェア。管理者権限を用いて、システムにアクセスする必要のあるシステム保守・運用者などのユーザーに対し、承認ワークフローにより特権IDを貸与することで、パスワードを隠ぺいしたままアクセス制御を実現するとともに、アクセス内容を動画形式で記録・保管することができる。

 今回、NSWではエンカレッジ・テクノロジとサービスライセンス契約を締結し、自社IaaSサービス「BlueSpider」でのクラウドセキュリティ対策サービスとしてESS AdminGateを活用した内部者の不正防止サービスを提供する。これにより、IT統制の要となる特権ID管理とNSWの長年にわたる運用ノウハウ、ITIL準拠の運用設計サービスと運用統合監視サービスをあわせて、システムの重要度に応じた適切な情報管理の提供が可能となる。

 価格は、初期費用が3万円、サーバー1台あたり月額1万2000円(100Mbpsベストエフォート回線使用料を含む)。同社では、初年度50社150サーバーの販売を目指す。