Knowlbo(ナルボ、斎藤友男社長)は、9月9日、出退勤が楽しくなるクラウド勤怠管理システム「タイムカードEX」を、9月28日にリリースすると発表した。

 「タイムカードEX」は、打刻からシフト管理、集計までをスマートにサポートするクラウド型の勤怠管理システム。ユーザーは、専用のタッチ端末にICカードをタッチするだけで、簡単に打刻と日々の出退勤データの蓄積を行うことができる。また、定期や社員証を打刻カードとして使用することで、スムーズに打刻を行うことが可能となる。打刻時には「おはようございます」、「いってらっしゃい」、「お疲れさまでした」などの自然な明るい音声によって、日々の打刻をさらに楽しいものにしてくれる。

 日々のシフトを「画面入力」や「Excelを使用した一括登録」機能で簡単に登録することで、シフトの変更・調整、メンテナンスなどの「管理時間」の削減を実現できる。さらに、ユーザーによる日々の経費、作業割合、日報などの情報入力や、打刻によって蓄積された出退勤データを自動集計・表示することで、管理者は今まで手作業で行っていた煩わしさを軽減できる。遅刻・早退、有給休暇などの情報を、月・年単位で管理することも可能となっている。

タイムカードEXの製品イメージ

 価格は、初期費用(導入サポート費、端末費用)が1PCあたり20万円から、ユーザーごとの月額使用料はエッセンシャルが300円、スタンダードが400円、プレミアムが500円。