ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長)は、10月14日、Webフォントサービス「FONTPLUS」で、従来の「文字詰め機能」に、新たに部分指定機能を追加したと発表した。

 FONTPLUSでは、独自の先進的な機能として、プロポーショナルメトリクスによる自動設定と文字間の余白削除機能の2種類の文字詰め機能を提供している。今回の機能追加では「部分的」な文字詰め機能を実現した。一つのページ内で文字詰め機能を適用したいところを指定し、読みやすく美しい文字バランスでの表示を可能にする。この機能によって、ページ一括ではなく、タイトルや本文など部分ごとに文字間隔を調整することが可能となった。

サービスの適用イメージ(比較)

 機能を利用するための複雑な設定は不要で、CSSで指定するフォント名に特定の文字列を追記するだけで設定することができる。