ティントリジャパン(河野通明社長)は、10月22日、仮想化専用ストレージ「Tintri VMstore」で、Cinder driverによるOpenStackのサポートを開始したと発表した。

Tintri OpenStackサポートのアーキテクチャ

 Tintri VMstoreは、独自のアーキテクチャで、仮想マシン(VM)単位でデータレーンを確保し、それぞれのアプリケーションのI/Oを最適化することで、常にシステム全体の安定稼働を実現する。今回のOpenStackサポートによって、既存のハイパーバイザー環境にCinderボリュームを追加し、同じ管理コンソールで複数のハイパーバイザーも合わせて一元的に管理することが可能となる。

複数のハイパーバイザーとOpenStack混在環境での管理の一元化

 すでにTintri VMstoreを利用中の顧客は、ストレージきょう体内で未使用の領域をOpenStack向けに利用することができる。VMware、Microsoft Hyper-V、Red Hat Enterprise Virtualizationに加えて、OpenStack Cinderの複雑な混在環境であっても、わかりやすいユーザーインターフェースにより、VM単位での稼働状況をリアルタイムで解析することができる。

 OpenStackサポートはTintri OSの機能に含まれており、Tintri VMstoreのユーザーに無償で提供する。