日本ワムネット(石澤幸信社長)とファルコンシステムコンサルティング(ファルコンシステム、高橋正廸社長)は、10月27日、日本ワムネットが提供する企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP」と、ファルコンシステムが提供するシングルサインオンソリューション「WisePoint Shibboleth」を連携すると発表した。

 今回、日本ワムネットとファルコンシステムは共同で検証を行い、GigaCC ASPとWisePoint ShibbolethがSAML 2.0による認証連携を正常に行えることを確認した。SAML 2.0の認証連携によって、一度WisePoint Shibbolethにログインするだけで、GigaCC ASPにシングルサインオンが可能となる。

連携イメージ

 今回の連携で、WisePoint Shibbolethがもつイメージマトリクス認証を用いた多要素認証による、高セキュアなシングルサインオンを実現することで、利用者のログイン時の負荷を軽減しつつ、企業内・企業間のセキュアなファイル受渡・共有環境を提供することができる。

イメージマトリクス認証

 また、WisePoint Shibbolethは、学術認証フェデレーション(学認)に対応しているため、企業だけでなく、大学を中心とした文教向けにも、両社でさらなる展開を強化していく方針。