京丹後市は、11月20日、「道の駅 てんきてんき丹後」「道の駅 くみはまSANKAIKAN」「宇川温泉 よし野の里」の市内3か所で、電動車両向け充電スタンドの設置が完了したと発表した。

 3か所の充電ステーションには、京セラ(山口悟郎社長)と京セラコミュニケーションシステム(KCCS、佐々木節夫社長)が共同開発した「ソーラーサイクルステーション for EV」を活用した。ステーション整備は、KCCSとニチコン(武田一平会長)が企画・設計、オステム(岡慶忠代表取締役)が施工を担当した。ニチコン製30kW急速充電器、7.2kWh蓄電システム、京セラ製多結晶シリコン太陽電池モジュール3.2kW(1か所あたり)を採用し、京都に基盤を置く企業体によって整備を行った。

 各充電ステーションでは、災害時などに太陽光発電システムと蓄電システムの自立運転により電力供給が可能。また、ステーションには、電源(USBポート付OAタップ)、ラジオ、懐中電灯、軍手(10セット)を備えた災害対策BOXが付属し、災害発生時でも携帯電話・スマートフォンを充電することができる。提供開始日は、「道の駅 てんきてんき丹後」が16年1月頃、「道の駅 くみはまSANKAIKAN」と「宇川温泉 よし野の里」が12月1日を予定している。

左から「道の駅 てんきてんき丹後」「道の駅 くみはまSANKAIKAN」「宇川温泉 よし野の里」

 京丹後市は、今年度中にさらに市内4か所へEVなどの充電ステーションの整備を完了する計画で、市内でのクリーンエネルギーのさらなる利便性の向上を図るとともに、先進的なグリーン経済とスマートコミュニティの実現を目指す。

充電ステーション概要図