アドバンスソフトウェア(山本一浩代表取締役)は、Excel 2016に対応した高速Excelファイル生成コンポーネント「ExcelCreator 2016」を、11月26日に発売した。

 ExcelCreator 2016は、Visual Basic.NET、Visual C#、ASP.NETで作成したプログラムからExcelファイルを生成することができるコンポーネント。実行環境にExcelがインストールされている必要はなく、独自の技術でファイルの生成を行うため非常に高速に処理できる。

 Excelファイルの新規作成、既存のExcelファイルの上書きや別ファイルへの保存(オーバーレイ)が可能で、目的のセルに対してデータの設定のほか、セルの書式、計算式、画像、オートシェイプなどの設定、シートのコピーや行、列の挿入/削除などがシンプルなコーディングで実現できる。また、生成したExcelファイルはPDFやHTMLファイルに出力することも可能となっている。

 ウェブアプリケーションでも使用できるよう、複数同時処理やストリーム保存にも対応。サーバーやクラウド環境で入力、抽出されたデータからExcelファイルを作成してクライアントに配信することもできる。

 価格は、1クライアント開発ライセンス6万9120円。「ExcelCreator 2016」を組み込んで開発したアプリケーションをサーバーに配置して使用する場合は、別途サーバーライセンスが必要となる。サーバーライセンスは、xlsx形式用、xls形式用のコンポーネントがそれぞれ12万9600円、両方の形式を扱える統合コンポーネントが19万4400円。