ラリタン・ジャパン(ラリタン)は、12月17日、IPネットワークでオーディオ/ビデオを配信するAV-over-IPシステムの新製品「RAV-IP」を、12月18日に発売すると発表した。

「RAV-IP」の接続例

 「RAV-IP」は、ラリタンがKVM(キーボード・モニタ・マウス)スイッチの開発で培った技術をベースに設計した初のAVソリューション製品。標準的なIP/Ethernetテクノロジを使って、DVI・HDMIのAV信号を切り替え、延長、分配することができる。

 エンコーダ(送信機)とデコーダ(受信機)で構成され、入力デバイス(AVソース)と出力デバイス(ディスプレイやプロジェクター)にUSBなどで接続し、Cat5/6UTPケーブルまたは光ファイバーケーブルでギガビットEthernetスイッチに接続するだけで、自動的にIPアドレスを設定できる。高価なAV制御システムや、ネットワーク、AV制御の専門的な知識や経験は必要ない。Cat5/6UTPケーブルで100m離れた場所まで、光ファイバーを使うことで約10kmまで延長配信することができる。

 また、AVソースデバイスとディスプレイデバイス間の距離を延長(ポイント・ツー・ポイント・エクステンション)できるだけでなく、1台のAVソースデバイスから複数台のディスプレイにAV信号を分配(マルチ・キャスティング)できるため、小売店舗やホテルなど、複数の場所へのマルチメディアコンテンツ配信に最適となっている。さらに、複数のAVソースを複数のディスプレイに配信(マルチチャネル・スイッチング)することが可能で、サッカー、野球、バスケットボールなど多種類の映像コンテンツを複数のディスプレイに任意で表示させるスポーツバーや、放送局などのモニタリングルームにも活用できる。

 税別価格はオープンで、市場想定価格は9万9000円。エンコーダとデコーダ各1台のセット価格は19万5000円。