アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、AXSEED(新明善彦代表取締役)と協業し、クラウド型Webフィルタリングサービス「SPPM BizBrowser」の提供を、3月17日に開始した。

 SPPM BizBrowserは、スマートフォンやタブレット端末で利用することができるブラウザアプリと、URLリストおよびクラウドサービスプラットフォームを組み合わせた法人向けのフィルタリングサービス。業務とは無関係なサイトや、セキュリティ上問題のあるサイトへの従業員の閲覧などを、システム管理者による一括管理で防ぐことができる。

 Windows、iOS、Androidの3つのOSに対応しており、クラウド型のため社外の端末にも適用できる点が特長となっている。また、ALSIが提供しているWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」などで培われ、全携帯キャリアにも採用された高精度なデータベースをもとにしたフィルタリングが利用できる。

 システム管理者は、端末利用者ごとにアクセスログやレポートを確認することができるため、利用状況の把握に役立つ。また、AXSEEDのモバイル端末管理システム「SPPM2.0」の管理画面からSPPM BizBrowserの管理コンソールを呼び出すことが可能であるため、シームレスな連携を実現する。

 価格は、1台につき月額250円