エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、CodeValue(本社・イスラエル)が提供するビジュアルデバッガ「OzCode」を、12月22日に発売した。

 OzCodeは、C#のデバッグ環境を向上する「Microsoft Visual Studio」にアドインするビジュアルデバッガ。OzCodeを使用することで、バグをピンポイントで発見したり、必要なデータだけにフォーカスできるようになり、デバッグに費やす時間を軽減することができる。

 具体的には、Magic Glance機能によって、ステップスルーしたコードの各行の概要を表示して、コードの実態を視覚的に確認できる。また、コレクションのサイズやオブジェクトグラフの複雑さに関係なく、迅速・簡単にメンバー名と値を検索できる。予測機能では、任意のループのどこにいるかを常に追跡し、コレクション内の特定の項目に移動できる。

 さらに、深い構造にドリルダウンするために使用できるサイド・バイ・サイドビュー内のオブジェクトとコレクションをワンクリックで比較できる。比較結果は横並びに表示され、ストラクチャを掘り下げて比較することも可能となっている。

 税別価格は、1ユーザーライセンス2万5500円。