ユーザックシステム(宮原克昭代表取締役)は、扶桑社が2月2日に発行した週刊SPA!最新号(2/9・16合併号)の袋とじ企画、人気声優の「しゃべるグラビア」と連動するアプリ「SPA!AR」を開発し、ダウンロード提供を開始した。

 週刊SPA!最新号は、3人の人気声優を写真入りで紹介し、誌面にはない写真や動画、音声といった特別なコンテンツを「デジタル袋とじ」として専用のアプリSPA!ARで読者に提供する。今回、ユーザックシステムが開発したSPA!ARは、袋とじを開ける楽しみをスマートフォンでも体験できるよう、画面に表示されるミシン目を破く操作や画面を傾けることで袋とじを下からのぞけるチラ見機能、毎回コンテンツが入れ替わるなど、継続して楽しめる工夫をしている。

 SPA!ARアプリは、iOSとAndroid端末に対応。いずれも無料でダウンロードでき、コンテンツは2月末まで楽しむことができる。

 ユーザックシステムでは、これまで列車やバイクなどを特集した雑誌のARアプリを提供してきたが、今後さらに利用者が楽しめる機能を充実し、AR関連ソリューションを強化していく。出版社のほか一般企業や地方自治体などに向けても、魅力あるコンテンツづくりを支援していく。