京セラコミュニケーションシステム(KCCS、黒瀬善仁社長)は2月4日、セキュアブラウザサービスBizWalkers+(プラス)Mobileをバージョンアップし、Windowsへの対応とセキュリティ管理機能を強化したと発表した。

 BizWalkers+Mobileは、デバイスにデータを残さない専用ブラウザ「セキュアブラウザ」からだけ、社内システムやクラウドサービスなどの業務システムが利用できるクラウドサービス。端末の紛失や盗難による情報漏えいのリスクを軽減するとともに、テレワークやBYOD(私有端末の業務利用)などへの対応を支援し、いつでも・どこでも安全に仕事ができる環境を提供する。

 これまでは、スマートデバイスからの利用を対象としたサービスだったが、テレワークでより幅広い業務を行うことができるように、今回のバージョンアップによりWindows OSにも対応し、PCからも利用できるようになった。また、セキュリティ管理機能を強化し、スクリーンショット、コピー&ペースト、ファイルアップロードの可否がユーザー単位で制御できるようになった。

 これによって、自宅のPCからの社内システム利用や、ユーザーの利用実態に合わせたセキュリティ設定ができるようになり、外出時のスキマ時間の活用だけでなく、在宅勤務や緊急時・災害時のBCP対策にも活用の幅を広げている。

 税別価格は、初期費用が10万円から、月額費用が2万1000円から。