ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、最新のLinux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7 SP1」を2月18日に発売した。

 Asianux Server(MIRACLE LINUX)は、企業向けLinuxサーバー用途に加え、車載システムや産業用コンピュータ、各種アプライアンス製品など特定業務用機器への組み込みにも多数の採用実績があり、これまで累計10万本以上、年間1万5000本以上の出荷実績をもつ。

 今回の最新版は、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.2をベースに開発。第6世代インテル Core i7プロセッサとハイエンドデスクトップ用のBroadwellーEの最新CPUに対応しているほか、最新データベース「Oracle Database 12c」の認定を取得し、顧客の多様化するコンピューティングニーズにいち早く対応している。

 また、信頼性、安全性、可用性、セキュリティ機能を重視し、日本企業のビジネス要件に最適化。国内のエンジニアによる的確で高品質なサポートを10年にわたって提供できる強力なサポート体制により、基幹サーバーに必要なクリティカルで高い信頼性が求められる要件から、特定業務用機器への組み込みに必須となる柔軟なカスタマイズまで、あらゆるシーンで安心して使用できる。

 OSライセンスとサポートサービスをセットにした価格体系を採用。物理環境向けの「MIRACLE LINUX Standard Pack」のほか、仮想化環境向けの「MIRACLE LINUX for VM Standard Pack」のラインアップを提供する。また、近日中にMicrosoft Azureに対応し、Microsoft Azure Marketplaceで販売する予定。

 税別価格は、標準サーバー向け「MIRACLE LINUX Standard Pack」が1年で7万8000円、3年で16万2000円、5年で22万2000円、追加1年は7万8000円。仮想化環境向けラインアップ「MIRACLE LINUX for VM Standard Pack」が1年で19万8000円、3年で48万円、5年で69万円、追加1年は19万8000円。特定業務用機器(産業用コンピュータ/アプライアンス)向けLinuxライセンスは、10ライセンスで15万円。