NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、NTT(鵜浦博夫社長)サービスエボリューション研究所が開発したレジリエント情報流通技術を利用した「BizFront/RIC」を3月8日に発売した。

 BizFront/RICは、ブラウザによる情報流通を実現するプラットフォームで、NTTアイティ(長谷雅彦社長)のデジタルサイネージシステム「ひかりサイネージ」と連携することで、スマートフォンやタブレット端末でサイネージ情報を閲覧することが可能となる。

 商業施設内のサイネージシステムからサイネージの周囲にいる人へ情報発信ができるため、その場に訪れた人のみが知ることができる情報(モール内店舗詳細案内や展示品詳細案内など)を発信することができ、集客力向上やリピーターの獲得が期待できる。また、これらの情報はブラウザで確認できるため、利用者は事前にアプリケーションをインストールする手間がかからず、商業施設側もブラウザベースの情報コンテンツをメンテナンスするだけで多様な情報発信を行うことができる。

 さらに、災害時にも活用できる構成(オンプレ)をとることで、ブラウザと無線LANがあれば、簡単な切り替えで防災情報や避難情報、被災情報などを発信するシステムとして活用でき、地域に安心を提供できる。また、災害時モードとして、モバイルネットワークが切断された避難所間でも、特定の利用者がスマートフォンやタブレット端末を避難所間で持ち歩くことで、複数の避難所間での情報流通が可能となる。

 税別価格は、クラウド型が月額9800円/ディスプレイ(保守費込み)、オンプレ型が85万円/ディスプレイ、保守費は年額12万7500円。