米デルは4月5日、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのポートフォリオを拡張すると発表した。これにより、ITの導入と管理を高速化・容易化し、顧客が抱えている課題を解決して、将来への備えをサポートすることが可能となる。

 同社では、新たに「VCE VxRailアプライアンス」や「VxRackシステム」から、柔軟性のある「VMware Virtual SAN Ready Node」、次世代「Dell XCシリーズ」のハイパーコンバージド・アプライアンスをポートフォリオに追加し、リファレンスアーキテクチャから専用のソリューションに至るまで、最も広範な種類を揃えるワールドクラスのハイパーコンバージド・ソリューションの提供を実現する。

 また、今回のポートフォリオには、顧客がスケーラブルなアプライアンスを活用して、小規模環境から独自のソリューションを構築するためのオプションや、フルスタックの事前構築済みのソリューション導入のためのオプションが含まれている。これにより、IT環境、ワークロード、性能、スケーラビリティといった個別に異なるニーズに合わせて、微細な調整まで行うことができる。

 具体的には、EMCのコンバージド・プラットフォーム部門であるVCEが提供するハイパーコンバージド製品「VCE VxRailアプライアンスファミリー」、「VCE VxRack Node」、「VxRack System 1000 FLEX」、「Dell Reference Architecture for EMC Converged Infrastructure」の各製品が、デル経由で購入可能となる。このほか、「Dell VMware Virtual SAN Ready Node」、「Dell XCシリーズのハイパーコンバージド・アプライアンス」、「Dell Hybrid Cloud Platform for VMwareでのVirtual SANサポート」をポートフォリオに追加している。