パナソニック(津賀一宏社長)は4月22日、可視光通信技術を発展させた同社独自の「光ID」の送信機能を内蔵した、流通業界や交通業界、博物館・展示施設などでの情報提供ソリューションとして使用できる業務用ディスプレイ「THー55SF1HJ」(55v型)、「THー49SF1HJ」(49v型)、「THー42SF1HJ」(42v型)を5月に発売すると発表した。

 新製品は、独自開発の高速バックライト制御技術による光ID送信機能を内蔵した液晶ディスプレイ。光ID対応のプレーヤー(セットトップボックス(STB)など)から出力された光IDを、ディスプレイに表示するコンテンツと連動させ、複数の光IDを切り替えて送信することができるため、1台のディスプレイで表示するコンテンツとあわせて多様な情報をスマートフォンなどの機器に表示することが可能となる。

 また、内蔵しているメディアプレーヤー機能も、光IDの送信機能に対応。静止画または動画コンテンツと光IDを保存したUSBメモリデバイスをディスプレイ本体に挿入することで、STBなどの外部接続機器を使うことなく、コンテンツの再生と光IDの送信を実現する。これによって、設置・施工時の手間を軽減できる。

 さらに、ベゼル幅が6.3mm、奥行きわずか57mmのスタイリッシュデザインの採用により、画面いっぱいにコンテンツを表示することで、空間に溶け込みアイキャッチ効果を高めることができる。

 価格は、オープン価格。なお、同社では、今回の新製品のほか、ディスプレイを複数台使用するマルチ画面仕様などでも光IDの利用ができるように、外付けの光ID送信機(LEDライトバー)も別途用意している。