エフセキュア(キース・マーティンカントリーマネージャ)は6月8日、4年制大学、短期大学、大学院向けのセキュリティスイート製品「エフセキュア キャンパスライセンス」と「エフセキュア キャンパスライセンス プレミアム」の販売強化に向けて、新規購入に限り4年間のライセンスを、3年間分のライセンス価格で購入できる特別プログラムを実施すると発表した。

 「エフセキュア キャンパスライセンス/同 プレミアム」は、第三者機関「AV-TEST」で最高評価である「Best Protection Award」を4年連続で受賞したセキュリティソリューションを、教育機関の事情を考慮して、端末台数無制限のライセンス体系で提供するもの。校内LANに接続する学生や教職員の個人所有の端末にもインストールできる。

 クライアントPC、サーバー、通信・メール系など、校内のITインフラ全般にわたって保護することが可能なスイート製品で、集中管理ツール「ポリシーマネージャ」によって各クライアントやサーバーなどを簡単に一元管理することができる。怪しいプログラム(未知のウイルスの可能性が高いもの)を安全な領域に隔離し、その挙動を観察(ふるまい監視)して、感染を防ぐ最新のテクノロジーであるサンドボックス、レピュテーション、振る舞い検知による階層型防御機能を提供する。

 また、ネットワーク通信を精査し、不正なリクエストを検知して、遮断する「アプリケーション通信制御」技術によって、ぜい弱性が利用されて危険にさらされることを未然に防止する。さらに、危険回避の出口対策として、「ブラウザ保護」機能により、ウイルスダウンロードへ導く危険なウェブサイトへのアクセスをブロックする。

 プレミアム版では、「ソフトウェア アップデータ」によって、OSやアプリケーションのパッチ適用状況を可視化して把握し、最新状態にすることで、ぜい弱性やセキュリティホールなどのセキュリティリスクを低減することが可能となる。

 今回の特別プログラムでは、4年制大学、短期大学、大学院でエフセキュア キャンパスライセンスまたはエフセキュア キャンパスライセンス プレミアムを新規購入する場合、4年間のライセンスを、3年間分のライセンス価格で提供する。税別価格例は、キャンパスライセンスの4年1000ライセンスが、1ライセンス当り特別価格3360円(通常価格4320円)。キャンパスライセンス プレミアムの4年1000ライセンスが、1ライセンス当り特別価格3880円(通常価格4990円)。実施期間は、6月9日から9月28日まで。