アイレット(齋藤将平代表取締役)は6月13日、AWS(アマゾン ウェブ サービス)を基盤とした24時間365日のフルマネージドサービスを提供する「cloudpack(クラウドパック)」で、プライベートなネットワーク接続でAWSクラウドサービスの利用を可能にする「AWS Direct Connect」の利用に必要となる情報をまとめたホワイトペーパー「cloudpack専用線接続ホワイトペーパー」を、cloudpackホームページで公開したと発表した。

 このホワイトペーパーでは、顧客のデータセンターやオフィスとAWSの東京リージョンを「AWS Direct Connect」を活用して直結するメリットを明記するとともに、主な検討事項から設計、構築・運用のノウハウを、cloudpackが提供している専用接続サービスをなぞりながら解説している。

 AWSとの専用線による接続は、AWSとの物理的な閉域網を構築することであり、通信の保護やネットワークパフォーマンスの安定化などさまざまなメリットがある。cloudpackの専用接続サービスを通じたAWS Direct Connectの解説により、構築フェーズで必要となる事前の確認事項や実際の構築手順、運用フェーズでの注意事項などを理解できるようになる。