エイトレッド(稲瀬敬一社長)は、ワークフローシステム「X-point」の新たな販売店制度「X-pointセールスパートナー」を4月3日に開始した。制度の新設に伴い、認定資格「X-pointセールスプロフェッショナル」をスタートした。

 X-pointは、紙帳票のようなフォームで自社に合わせたデザインで運用できるワークフローシステムで、移行によるストレスも少なく導入することが可能となる。オンプレミス型、クラウド型の2種を提供し、顧客のニーズに合わせて提案できる。

 今回のX-pointセールスパートナーは、X-pointのシステム提案と販売に必要なスキルを保有した認定セールスプロフェッショナルが在籍しているパートナー企業を、同社が認定するもの。自社にシステムエンジニアが在籍していなくても販売が可能で、インストールやフォーム作成などの導入作業が必要な場合は、同社のパートナーネットワークを活用し技術力のある企業へ依頼できる。

 どのような企業でも必ず存在する業務手続きを電子化するワークフローシステムは、業種や企業規模にとらわれることなく営業活動を展開できる。今後、同社では製品資料の提供や基礎知識を身につけるためのパートナー向けセミナー、オンラインデモサイトの利用などを通じてパートナー企業の営業活動を支援していく。