エイトレッド(林宗治社長)は、「ルミカライト」を製造・販売するルミカ(原田士郎社長)が、ウェブフォーム・ワークフロー「X-point」を導入し、稟議書をはじめとする各種の申請承認に関する運用業務の効率を大幅に向上したと発表した。

 ルミカは、業務内容が幅広く多岐にわたり、一人の社員が複数の事業や業務部門を兼務することが多く、書類による稟議や各種の申請業務に多くの問題が生じていた。この問題を解決するために、2008年に他社のワークフロー製品を導入したが、今度はワークフローのメンテナンスに大きな課題を抱えることになった。

 既存のワークフロー製品では、承認者を役職で相対指定する場合に、部署ごとに設定する必要があった。ところが、部署によって役職名称が異なることがあり、また該当者が存在しない場合もあって、これらのケースにも対応できるように設計するために、わずか数種類の帳票に対して100を超えるルート数になってしまっていたという。

 ルミカは、こうした課題に対して、エイトレッドの「X-point」なら、承認ルートを役職で相対指定していても、該当する役職が存在しない場合には、申請者の所属部署より上位の部署から階層順に承認者を検索して設定できるなど、メンテナンス業務を大幅に効率化できると判断。また、すでに導入済みのグループウェア「desknet's」との親和性が高く、ユーザーの利便性も向上できることも「X-point」導入の決め手になったという。