ネットワンシステムズ(ネットワン、吉野孝行社長)は6月16日、国内で初めてクラウドへのインターネット接続経路と性能を可視化する「クラウドアクセス可視化サービス」を、6月30日から提供すると発表した。

 このサービスは、クラウドへのインターネット接続経路と性能を可視化することで、トラブルの原因を企業管理内/外で切り分ける時間を大幅に短縮するとともに、インターネットが原因の場合には、その影響地域や状況把握を可能にする。サービスメニューには、クラウドサービスを提供する事業者向けの「インバウンド可視化」と、クラウドサービスを利用する企業向けの「アウトバウンド可視化」を用意した。いずれも、主に「クラウドサービスへのインターネット接続経路/パケットロス/遅延」「接続先ウェブサーバーの応答可否/応答速度/ダウンロード速度」「ISP間の接続構成の変化」を確認することができる。

 インバウンド可視化では、インターネット上に設置した複数の監視エージェントから、提供しているクラウドサービスへのアクセス環境を5分間隔で監視する。この監視エージェントは、世界主要都市(国内では4都市)に設置しており、国内利用者のみを想定したクラウドサービスと、グローバル利用者を想定したクラウドサービスの双方に対応している。

 一方のアウトバウンド可視化では、企業内に設置した専用の監視エージェントから、利用するクラウドサービスへのアクセス環境を5分間隔で監視する。1台の監視エージェントから、複数のクラウドサービスを監視することができる。なお、企業環境内のウェブサーバーへのアクセス監視用途にも利用可能となっている。

 また、これら双方のメニューに共通する機能として、「監視ポータル」と「サービスデスク」を提供する。監視ポータルでは、各種監視項目について直近30日間のデータを時系列でグラフィカルに確認可能で、複雑な操作をすることなくインターネットの状況を把握可能。サービスデスクでは、初期設定/設定変更/アカウント管理/QAを支援し、運用管理担当者の負荷を軽減する。

 税別価格は、インバウンド可視化が月額9万6000円から、アウトバウンド可視化が月額12万7000円から。同社では、初年度で3億円の売り上げを目標としている。