ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は9月21日、802.11ac Wave 2の新アクセスポイント「AP420」を発売すると発表した。

 AP420は、Wi-Fi上のVoIP、動画、音楽、大容量データファイル転送など、ネットワークに負荷がかかり、トラフィック遅延の影響を受けやすいアプリケーションを高速に処理するWi-Fiアクセスポイント。高いクライアント密度をサポートする4×4マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)デュアル無線によりWi-Fi接続の遅延を排除し、ワイヤレス不正侵入防止システム(WIPS)対応の専用無線帯域や、周波数最適化スキャン機能も搭載している。

 また、クラウド型Wi-Fi管理プラットフォーム「WatchGuard Wi-Fi Cloud」と組み合わせることで強力なWIPS、きめ細かいゲスト分析と電波領域分析、そしてマーケティングエンゲージメントツールの利用が可能となる。WatchGuard Wi-Fi Cloudの最新リリースでは、ウォッチガードのアクセスポイントに接続するユーザーのWi-Fiエクスペリエンスを高める新機能によりパフォーマンスを向上し、アプリケーションの可視化、ファイアウォールポリシーの制御、事前設定のユーザーロールポリシーといった機能を追加している。さらに、Google for Educationとの連携により、学校のGoogleドメインに登録されたデバイスのみ学校のWi-Fiネットワークへの接続を許可し、設定されたネットワークポリシーを実行することができる。