ネットワンシステムズ(ネットワン、吉野孝行社長)は、東京急行電鉄(東急電鉄)のサテライトシェアオフィスサービス「NewWork」の取り扱いを10月6日に開始した。

 東急電鉄では、フリーアドレス席/Wi-Fi/会議室/テレフォンブース/複合機などを整備したサテライトシェアオフィスとして、NewWorkを日本全国で展開している。一方、ネットワンは、仮想デスクトップやコラボレーションツールなど、どこでも職場と変わらない環境で安全に業務を進められるICTツールを提供している。

 NewWorkとICTツールを組み合わせることで、“通勤が不要な在宅勤務”と“業務環境が整備されている職場勤務”の双方のメリットを生かした、新しいテレワーク環境を社員に提供することが可能となる。例えば、「外出・出張先で最寄りのサテライトオフィスを活用することで、生産性を向上」「育児中・介護中の人が自宅近くのサテライトオフィスで勤務することで、長時間通勤が不要に」「自然災害・交通障害などで通勤が困難な場合でも、サテライトオフィスで業務を継続可能」といった働き方が実現できる。

 ネットワンシステムズでは、ICTツールやワークスペースに加えて、自社の働き方改革の実践ノウハウも交えて提案することで、顧客の働き方改革を支援していく考え。