エス・アンド・アイ(藤田和夫社長)は10月10日、同社の「学習データ支援サービス」を、ジェナ(手塚康夫社長)のAIチャットボットサービス「hitTO(ヒット)」のオプションメニューとして提供を開始したと発表した。

 hitTOは、ユーザーが自然言語で質問ができる、AIと連携した法人向けのチャットボットサービス。管理画面やユーザー画面の使いやすさやデザイン性、コミュニケーションツールとの連携などが評価され、AI のビジネス活用を目的として、多くの法人で採用されている。

 今回、オプションとして提供する学習データ支援サービスは、法人でAIチャットボットを導入する際に必要な初期の学習データの作成代行、問い合わせに対する回答精度を向上させるチューニング代行、回答精度を見える化するレポートの提供を行う。このサービスの提供により、AIチャットボットの法人利用での初期導入時の工数を大幅に削減し、AIチャットボット導入時の投資対効果向上を促進する。

 エス・アンド・アイとジェナは、今回の協業にともない、より多くの企業に対して業務でのAIの活用を積極的に推進していく考え。