日本HP(岡隆史社長)は、マイクロソフトのWindows Mixed Realityに対応するヘッドセット「HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラ付き)」を10月17日に発売した。税別価格は5万9800円。

 HP Windows Mixed Reality Headset(コントローラ付き)は、Windows 10の最新バージョンWindows 10 Fall Creators Updateで標準サポートされるVR(仮想現実)体験機能であるMixed Realityを利用するためのヘッドセットとコントローラのセット。PCとヘッドセットをケーブル1本で接続するだけの簡単なセットアップと安価な価格により、手軽なVR体験を実現する。

 利用者は、ヘッドセット内の2つのディスプレイに投影されるVRの世界を体験しながら、付属の2つのコントローラを使ってさまざまなアクションを操作できる。ゲーミングやエンターテインメント、宇宙や旅行などの擬似体験や迫力のあるVR体験のほか、ヘッドセット内の目の前に広がる仮想的な大画面で動画を視聴したり、SNSを利用することも可能となっている。また、ヘッドバンドに緩衝用のパッドや長さ調節用のノブを装備し、快適な装着感を実現した。