富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)は2月21日、経済産業省と日本健康会議から、社員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む法人として「健康経営優良法人2018-ホワイト500-」に認定されたと発表した。

 この認定制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度。健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としている。

 認定制度では、規模の大きい企業や医療法人を対象とした「大規模法人部門(ホワイト500)」と中小規模の企業や医療法人を対象とした「中小規模法人部門」との2つの部門に分け、それぞれの部門で「健康経営優良法人」を認定している。今回、「健康経営優良法人 2018-ホワイト500-」に認定された富士通FIPは、ヘルスケアポイント制度の導入や健康意識を高めるための社員教育の実施、さらには「富士通エフ・アイ・ピー 健康宣言」の制定を行うなど、健康経営に取り組んできた。

 同社では今後もFUJITSU Wayの企業理念のもと、「健康でいきいきと働くことができる企業風土づくり、職場環境づくり」を経営の最重要課題のひとつに位置づけ、「富士通グループ健康宣言」に基づき、社員一人ひとりの健康保持・増進、ワーク・ライフ・バランスの実現を推進していく考え。