日立ハイテクノロジーズ(宮崎正啓社長、日立ハイテク)は3月20日、100%子会社Hitachi High-Technologies(Shanghai)Co.,Ltd.(三善慶太董事長兼総経理)が中国・上海市浦東新区に、科学機器の開発・販売・サポートを促進する「日立ハイテクサイエンスパーク上海Lab」(上海ラボ)を開設したと発表した。

 上海ラボは、延床面積約650平方メートル。科学・医用システム用のアプリケーション開発のほか、成長著しい中国企業を対象に科学機器を販売する。各種分析装置などを含めた日立ハイテクグループのトータルソリューションの提供も行う。

 日立ハイテクは、これまでに日本や英国、ドイツ、米国で科学機器のラボ拠点を開設している。上海ラボの開設により、グローバルのラボ拠点は世界5か国9か所となった。(齋藤秀平)