調査会社の富士経済は3月26日、FA(ファクトリー・オートメーション)ロボットの世界市場調査の結果を発表し、FAロボット関連のIoT・人工知能(AI)サービスについて、2025年頃に需要が本格化するとの見通しを示した。

 調査結果によると、FAロボット関連のIoT・AIサービスは、現在は試験的な導入が多いものの、今後、自動化のニーズが高まり、市場はさらに拡大することが期待されている。17年に1034億円だったFAロボット関連のIoT・AIサービス市場の規模は、25年には17年比で4倍の4110億円に成長する見込みだ。

 製造業向けのFAロボットの17年の市場規模は、前年比123.7%の1兆821億円だった。スマートフォン関連や自動車関連で設備投資が好調な中国が、市場の拡大をけん引したという。(齋藤秀平)