ソリトンシステムズ(鎌田信夫社長)は4月18日、無線LANに対し認証機能を提供するクラウドサービス「NetAttest EPS Cloud」(EPS Cloud)の提供を開始したと発表した。

 EPS Cloudは、認証アプライアンス「NetAttest EPS」をもとに導入・運用のしやすさを追求したサービス。簡単な設定をするだけで強固な端末認証(電子証明書を利用したEAP-TLS)を行える環境が整い、会社が許可していない端末の接続を防止できる安全な無線LANを構築することができる。数十人から300人規模の中小企業でも手軽に利用可能となっている。

 具体的には、ユーザーではなく端末を識別することにより、ID/パスワードなどのユーザー認証では防ぐことのできない正規ユーザーのもつ不正端末(私物端末など)も防ぐことができる。端末認証に必須の「認証要素を窃取できない」「盗んだ認証要素を使って端末の偽装ができない」という2つの要素を満たしているデジタル証明書を利用した強度が非常に高い認証を採用している。

 また、デジタル証明書を使った認証を行う際には、従来は端末のOS種別による差異に関する知識や、端末を集めて手作業で証明書を入れる手間が必要だった。EPS Cloudではその課題を解決する申請ワークフローと証明書の配布機能を備えているため、手間なく安全に展開することができる。社内冗長オプションでは、顧客の社内LANにアプライアンスを置くことでクラウドと冗長化を行い、クラウドと通信ができない際にも認証を継続し可用性を高めることができる。

 税別価格は、初期費用が10万円、ベースサービスの月額費用(100ライセンス含)が1万円、ユーザー追加ライセンスの月額費用(100ライセンス単位)が1万円、NetAttest EPS Cloud社内冗長オプションの初期費用が5万円、月額費用が1万円。