ソリトンシステムズ(ソリトン、鎌田信夫社長)は、サイバーセキュリティ対策のEDR(Endpoint Detection and Response)とNGAV(Next Generation AntiVirus)のハイブリッド製品「InfoTrace Mark II for Cyber」の運用を支援するマネージドサービス「InfoTrace Mark II for Cyber Cloud(Mark II Cloud)」の提供を3月28日に開始した。

 Mark II Cloudは、InfoTrace Mark II for CyberのEDR、NGAV機能をクラウドサービスとして提供するとともに、顧客に代わって24時間365日で管理・運用を行うマネージドサービスを提供する。

 マネージドサービスでは、InfoTrace Mark II for Cyberによる検知アラートに対して、脅威を判定した速報レポートを提供し、侵害の疑いのある端末のネットワークから隔離のほか、専門アナリストによる対応アドバイスや動的解析レポートなどにより、インシデントハンドリングを継続的に支援する。

 今後、FireEyeやPalo Alto Networks、Cylanceなどの他社脅威対策製品の検知イベントへの対応も予定している。顧客がすでに導入し運用している製品を最大限に活用したセキュリティ対策を支援していく。