Arcserve Japan(江黒研太郎社長)は5月9日、バックアップアプライアンスの新モデルとして「Arcserve UDP 8200-6 Appliance」と「Arcserve UDP 8220-6 Appliance」(Arcserve UDP 8200-6/8220-6)を、Arcserve UDP 8000シリーズのラインアップに追加し、5月21日から受注を開始すると発表した。

 Arcserve UDP 8000シリーズは、イメージバックアップソフトウェア「Arcserve Unified Data Protection(Arcserve UDP)」がプリインストールされたバックアップ専用サーバー。保護対象台数無制限のライセンスと最適化されたハードウェアでバックアップ・リカバリをより簡単・シンプルに実現できる。

 使用しているハードディスクドライブ(HDD)は、ニューテックにより全数検査されており、厳しい出荷基準に適合したHDDのみが製品に組み込まれている。その結果、製品出荷後1年以内のHDD故障率はわずか0.24%にとどまっているという。

 今回の新モデルArcserve UDP 8200-6/8220-6では、HDDの高い信頼性はそのままに、RAID構成をRAID6とすることで耐障害性を強化しており、万一、HDDが2本同時に故障してもデータを失うことがない。これによって、バックアップサーバーに対して高い耐障害性/可用性が求められる環境で利用することが可能となった。

 税別価格は、Arcserve UDP 8200-6 Appliance(RAID6、8TBモデル)が320万円(5年メンテナンス付)、Arcserve UDP 8220-6 Appliance(RAID6、16TBモデル)が520万円(5年メンテナンス付)。

 なお、RAID5を採用した容量効率の高い「Arcserve UDP 8200 Appliance」と「Arcserve UDP 8220 Appliance」はこれまで通り販売を継続する。