【サンタクララ発】米CAテクノロジーズ(マイケル・グレゴアCEO)は6月5日と6日(現地時間)、米カリフォルニア州サンタクララにある同社のオフィスで、年次イベント「Built to Change Summit」を開催した。今年は、世界中から約20人の報道関係者・アナリストが参加した。(前田幸慧)

米サンタクララにあるCAのオフィス(開発拠点)

 Built to Change Summitでは、毎年11月に開かれるCAの大型イベント「CA World」で紹介されたソリューションについて、より詳しい解説を行う。2017年に初開催し、今年が2回目の開催となる。

 当日は、同社が提唱しているアイデアから製品化までの流れを高速化するソフト開発の考え方「モダン・ソフトウェア・ファクトリ」の中核を担う「DevOps」「DevSecOps」「アナリティクス」「アジャイル」の4つ分野のソリューションを、各コーナーに分かれてCAの各製品担当者やユーザー/パートナー企業担当者が解説した。
 
テーマごとに分かれたブースで、各製品担当者やユーザー/パートナー企業担当者が講演

 なかでも、DevSecOpsのコーナーでは、テスト段階でアプリケーションのぜい弱性を解析して検知する「CA Veracode」の検知力が強化した「CA Veracode SourceClear」を紹介。アジャイルのコーナーでは、IBMとパートナーシップを結び、メインフレーム上でソフトウェアを簡単に開発可能なエンタープライズDevOpsソリューション「CA Brightside」を含むメインフレームソフトウェアソリューションを、共同で提供していくことを明らかにした。さらに、新ソリューションとして、メインフレームのパフォーマンスを最適化するクラウドサービスの「CA Mainframe Resource Intelligence」など、今回のイベントに合わせてさまざまな発表を行った。
 
(写真左)「CA Veracode SourceClear」を紹介(写真右)CAとIBMの新たなパートナーシップを説明

 また、2016年11月に開始した新規事業育成プログラム「CA Accelerator」のアップデートについても説明。実際にその成果として、CA Acceleratorを通して事業化したwaffleとFreshTracksの創業者が登壇し、各々が提供するプロジェクト管理ツールとモニタリングツールを紹介した。
 
(写真左)オットー・バークスCTO(写真右)アイマン・サイードCPO

 当日はこのほか、セキュリティとプライバシー、産業用小型ロボット、継続的なIoTシステムのデリバリに関するCAの調査結果の解説や、製品担当者らとメディアによるインタビューなどが行われた。オットー・バークスCTOはインタビューで、モダン・ソフトウェア・ファクトリについて「顧客からすばらしい反応を得ている」と、ビジネスが順調に推移しているとした。また、アイマン・サイードCPO(最高製品責任者)は、「顧客の急速なトランスフォーメーションに対し、ビジネスニーズを予見して今後もアップデートを続けていく」と、引き続きモダン・ソフトウェア・ファクトリを実現するソリューションを拡充していく意向を示した。