アリババグループ(馬雲会長)が提供する中国最大のクラウド「阿里雲(アリババクラウド)」のJingmei Li・ET Brain プロダクトエグゼクティブディレクターは6月14日、開催中のIT見本市「Interop Tokyo 2018」で基調講演し、同社のAIプラットフォーム「ET Brain」をアピールした。

Jingmei Li・ET Brain プロダクトエグゼクティブディレクター

 ET Brainは、スマートシティ、製造、航空、物流、農業などの各産業向けにアリババグループが提供しているAIプラットフォーム。例えば、スマートシティ向けの「ET City Brain」では、都市の交通信号や公共交通機関、気象データ、市民のスマートフォンなどから収集したデータを集約し、独自のアルゴリズムで処理することによって、交通状況の改善などを実現する。アリババグループが本社を置く中国浙江省・杭州市では、ピーク時の交通渋滞を9.2%削減することに成功している。

 このほかにも、中国の重慶市や江蘇省・蘇州市、マカオ、マレーシアのクアラルンプールで「ET Brain」が活用されている。アリババグループは、日本国内では、ソフトバンクとの合弁会社であるSBクラウド(内山敏代表取締役兼CEO)を通じてアリババクラウドを提供しているが、Li・エグゼクティブディレクターは、単独での事業展開には限界があるとして、「素晴らしいエコシステムをつくり上げていきたい」と述べ、日本でのパートナーの拡充に意欲を示した。