NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、インドのムンバイ市とバンガロール市でデータセンター(DC)を新設し、インドのグループ会社ネットマジック・ソリューションズを通じて7月27日からサービスの提供を始めた。インドのデータセンターは計9か所になり、供給能力は1.7倍になる。

 新設したのは、「インド ムンバイ 6 データセンター」(ムンバイ6)と「インド バンガロール 3 データセンター」(バンガロール3)。いずれもNTTコムのDCサービスブランド「Nexcenter」の設備・運用基準に準拠する。電力供給が不安定なインドでも、24時間365日にわたって安定した電力供給が可能という。

 ムンバイ6のサーバールーム面積は約7900平方メートル(2750ラック相当)で、インド最大規模。インターネット関連企業やメディア、金融機関向けにサービスを提供する。

 バンガロール3のサーバールーム面積は約5700平方メートル(1500ラック相当)で、システム開発・運用管理を受託するITサービス企業やBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業向けにサービスを展開する。

 NTTコムによると、インドのDC市場は、アジアでは日本や中国に続く第3位の規模で、年平均25~30%と極めて高い成長率が続いているという。