ネットワークバリューコンポネンツ(NVC、大坪武憲代表取締役)は、Carbon Blackが提供する次世代エンドポイントセキュリティ「Cb Defense」向けのセキュリティ運用サービスの提供を開始したと発表した。

 Cb Defenseは、次世代型の攻撃防御と攻撃者の痕跡の記録・追跡機能をあわせもつエンドポイントセキュリティ製品。今回、NVCでは、製品の提供に加え、セキュリティ運用の専門的知識・経験を要する部分について顧客を支援するMDR(Managed Detection and Response)を提供する。

 具体的には、顧客の環境に導入されたCb Defenseのセキュリティ運用について、専門知識をもった部隊が支援を行う。Cb Defenseを活用し、サイバー攻撃の検知、分析から、封じ込め、除去支援、回復支援まで顧客のセキュリティ運用に必要な機能を提供することで、顧客の負荷の軽減・運用強化を実現する。