A10ネットワークスは、年次イベント「A10 Forum 2018」を都内で開催し、2018年~19年で注力する分野について説明した。

川口亨
日本法人代表兼社長
米国本社
バイスプレジデント兼務
 2013年から17年にかけての同社の平均成長率は、グローバルの14%に対し日本市場は15%と堅調に伸びているという。国別の売上高では49%を占める米国に続き、日本は22%で2位に位置している。川口亨・日本法人代表兼社長は、「日本は米国本社に直接レポートを送る体制を取っている。そのくらい、A10ネットワークスにとって日本市場は重要なポジションにある」と強調した。

 今後の注力分野については、「5G/アプリケーション配信」「マルチクラウド」「セキュリティー」の三つを挙げた。中でも5G/アプリケーション配信は重要とし、川口社長は「5Gの環境でアプリケーションを安全・安心に届けることができえるネットワークが必要だ」と話した。

 米A10ネットワークスの創業者であるリー・チェンCEOも5G向けビジネスの重要性を強調し、「IoTの広がりとともに5Gビジネスは成長が見込める。新たなビジネスチャンスがある」と話す。IoTデバイスが増加することでIoTデバイスが取得するデータ量は増大する。高速・大容量のデータをやり取りができる5Gは、IoTと親和性が非常に高い。チェンCEOは「IoTデバイスが増えるということは、攻撃のチャンスも増えるということだ」と説明する。こうした脅威に対応するのが、今年5月にリリースした「5G Gi-LANソリューション」だ。

 同社のセキュリティープラットフォーム「Thunder CFW」に搭載しているGi/SGiファイアウォールを機能強化したもので、モバイル通信事業者の基盤ネットワークを防御するために必要な機能を備え、DDoS攻撃やネットワークに対する攻撃に対処することができる。また「Application Visibility & Control」を搭載し、加入者に紐づいたアプリケーショントラフィックの可視化とネットワークトラフィックの分析が可能になる。これにより、モバイル通信事業者は、増え続ける加入者のニーズに対応するための新たな付加価値サービスが提供できるという。

 日本市場でもすでに提供を開始しており、川口社長は「すでに国内の大手携帯通信事業者の採用が進んでいる」と話した。(山下彰子)