【米サンフランシスコ発】米オラクルは10月22日から25日までの4日間、サンフランシスコで年次プライベートイベント「Oracle Open World 2018」を開催した。パートナーやユーザーを中心に、175カ国から約6万人が参加。2300以上のセッションを用意し、オラクルのビジョンや最新製品・技術、先進事例などの情報を共有した。近年、クラウドビジネスに注力し、AWSへの対抗姿勢を鮮明にしている同社だが、エンタープライズITのニーズを満たす信頼性やセキュリティーを強みとして前面に押し出し、競争力を高めたい考えだ。(取材・文/本多和幸)

セキュリティーと信頼性で“違い”を出す
「Gen 2 Cloud」のビジョンを発表

 米オラクル創業者であるラリー・エリソン会長兼CTOは、ここ数年のOracle Open World(OOW)の例に倣い、初日の22日、3日目の24日の2回の基調講演に登壇した。現在のオラクルが何にフォーカスしているのか端的に示されるこのプログラムは常に満員。来場者の注目を集めた。
 
ラリー・エリソン
会長兼CTO

 メインイベントともいえる初回の22日の講演でエリソン会長が語ったのは、後発のクラウド市場で勝機を見出すための次世代Oracle Cloud「Oracle Gen 2 Cloud」のビジョンだ。エンタープライズITのミッションクリティカルなワークロード向けにはセキュリティーと信頼性の面で既存のクラウドは不十分であり、オラクルがGen 2 Cloudでその状況を打破するというメッセージを強く打ち出した。

 エリソン会長は、「セキュアなクラウドだとアピールするのは簡単だが、実現するのは簡単ではない。オラクルはソフトウェアレベルの改良だけでなくハードウェア構成も完全に刷新し、まったく新しいクラウドアーキテクチャーをつくりあげて、真にセキュアなクラウドを実現した。それがGen 2 Cloudだ」と強調した。

 Gen 2 Cloudとは具体的にどのようなものなのか。エリソン会長によれば、Gen 2 Cloudの差別化ポイントとなる主な二つの要素が、新アーキテクチャーによるIaaSの「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」と、昨年のOOWで大々的に発表した「Oracle Autonomous Database」(データウェアハウス向けの「Autonomous Data Warehouse」とトランザクション処理向けの「Autonomous Transaction Processing」をリリース済み)だという。Gen 2 Cloud仕様のOCIは、現在、北米と欧州の一部のリージョンでしか提供されておらず、同社が詳細について公に発表したのは今回のOOW 2018が初めてだ。

2019年中に東京、大阪 2カ所のDCが稼働予定

 エリソン会長はGen 2 Cloud仕様のOCIと従来のIaaSの違いについて、次のように説明した。「ほとんどのクラウドは10年前のアーキテクチャーで構成されている。複数のユーザーのクラウド環境はもちろん、それを管理・制御するクラウドサービスベンダー側のコード(Cloud Control Code)も同じコンピューターの中に存在している。これでは(理論上)悪意を持ったユーザーが同じコンピューター上のほかのユーザーのデータを盗んでしまう可能性を排除できない。OCIはユーザーが利用できるクラウド環境とCloud Control Codeを物理的に違うマシンに分離している」。

 Gen 2 Cloudでは、このOCI上でAutonomous Databaseのクラウドサービスも提供することになる。Autonomous Databaseは、稼働しながらセキュリティーの脅威の検知や排除をまさに自律的に行い、システムを止めることなくセキュアに運用できるという。エリソン会長は、Gen 2 Cloudにより、ユーザーにとっては従来のクラウドのセキュリティーと可用性、信頼性への懸念が払しょくされ、オンプレミスの既存ワークロードのクラウド移行をさらに推進できるとの見解を示した。また、エリソン会長は恒例となったAWSとの性能比較のデモも自ら行い、「AWSより安く、速く、セキュア」だと繰り返し強調した。
 
クレイ・マグワイク
OCIソフトウェア開発担当SVP

 翌23日には、IaaS製品に関する基調講演に登壇したクレイ・マグワイク・OCIソフトウェア開発担当シニアバイスプレジデント(SVP)が、Gen 2 Cloud提供リージョンの拡張計画に言及した。マグワイクSVPは、「19年末までにGen 2 Cloud提供リージョンをオーストラリア、カナダ、日本、韓国、インド、ブラジル、中東に拡張するほか、欧州での提供地域も拡大する」と発表。また、19年中に“ハードウェア設置型”のクラウドサービスである「Cloud at Customer」のGen 2 Cloud対応も進める。

 オラクルは今年2月、日本国内にデータセンター(DC)を新設することを発表しているが、OOWでは東京、大阪の2カ所に新たにDCを設置することも明らかにした。19年5月に東京、12月に大阪でGen 2 Cloud対応のDCが稼働する計画だ。オラクルは16年、富士通とクラウドビジネスで戦略的提携を行うと発表し、17年3月から富士通の国内DCからOracle Cloudを提供している。ただし、これはGen 2 Cloud対応ではなく、販売チャネルも富士通に限定されている。オラクル自身が運用する新たなDCの稼働は、Oracle Cloudの拡販を強く後押しすることになりそうだ。なお、富士通のDCがGen 2 Cloudに対応するかは現在のところ未定だ。

 

エマージング・テクノロジーを業務に取り込む
アプリケーションの進化にもフォーカス

 Gen 2 Cloudのビジョンと並んで、オラクルがOOW 2018で強くメッセージとして打ち出したのが、エマージング・テクノロジーによるアプリケーションの進化だ。
 
スティーブ・ミランダ
アプリケーション製品開発担当
EVP

 クラウド・アプリケーションに関する基調講演に登壇したスティーブ・ミランダ・アプリケーション製品開発担当エグゼクティブバイスプレジデント(EVP)は、「テクノロジーの進化のスピードは速くなる一方で、それに伴いビジネスを取り巻くパラダイムもどんどん変わっていく。だからこそITのユーザー企業は最新の技術を活用した新しい機能、新しいUIを常に必要とするわけで、こうしたニーズにはSaaSでなければ対応できない。オラクルはAIやIoT、ブロックチェーンを取り込んだ最も包括的で最もイノベーティブなクラウド・アプリケーションスイートを提供している」と強調した。

 同社はOOW 2018で、ビジネスアプリケーションの機能アップデートも多数発表した。ERPでは、ルールベースの業務処理にAIを活用し定常業務の自動化を進める「Intelligent Process Automation」や、経費精算処理を効率化するチャットボット・アシスタント「Expense Reporting Assistant」、調達から支払いまでのプロセス最適化を支援する「Supplier Recommendations」などを新たに実装した。

 AIを業務アプリケーションに組み込んだかたちでの機能向上が目立つほか、HCMや営業支援とデジタルマーケティングを統合したCustomer Experience(CX)アプリケーションでも、AIを活用した新機能を発表している。

 このほか、ビジネスのサービス化の流れに対応しエンド・トゥー・エンドでサブスクリプションビジネスを支援するソリューションである「Oracle Subscription Management」や、実ビジネスに対応したブロックチェーン・アプリケーション「Oracle Blockchain Applications Cloud」の第1弾として、サプライチェーン中の取引とプロダクトのトレーサビリティーを実現する機能なども発表している。
 
ユルゲン・リンダー
SaaS製品マーケティング担当
SVP

 ブロックチェーンについてはビジネスアプリケーションの領域での活用はまだまだ黎明期といえる状況だが、同社のユルゲン・リンダー・SaaS製品マーケティング担当シニアバイスプレジデント(SVP)は、「ユーザーのデマンドに基づいて、ユースケースごとにデプロイしやすいブロックチェーン・アプリケーションを用意した。ブロックチェーンはこれからの普及拡大に希望が持てるテクノロジー。サプライチェーンを足掛かりに、より幅広い領域への適用を探っていきたい」としている。

 

“マークの予言”をアップデート
クラウドの次はAIが
エンタープライズITを変革する

マーク・ハード
CEO

 エリソン会長と並ぶもう一人の「オラクルの顔」であるマーク・ハードCEOも基調講演に登壇し、エンタープライズITビジネスを取り巻く環境の変化を解説。「クラウドの次は、AIによる自動化がエンタープライズITの世界を大きく変える」というメッセージを強く打ち出した。

 ハードCEOは15年と16年のOOWで、2025年のIT業界について計八つの予測を発表してきた。

(1)アプリケーションの80%はクラウド上で稼働するようになる
(2)2社のアプリケーションスイート・プロバイダーがSaaS市場の80%を占めるようになる(そのうち1社はオラクル)
(3)新しいアプリケーションの開発・テストは100%クラウド上で行われるようになる
(4)ほぼ全ての企業のデータはクラウドに格納されるようになる
(5)エンタープライズクラウドは最も安全なIT環境になっている
(6)80%のIT予算はクラウドに使われる
(7)企業のデータセンターの80%はなくなる
(8)CIOはIT予算の80%をイノベーションのために使うようになる

 さらに昨年のOOWでは、より近未来の予測として、20年までに「規制が厳しい業界でも生産ワークロードの50%がクラウドにシフトする」「90%のエンタープライズアプリケーションがAIを組み込むことになる」と指摘している。今回の基調講演でこれらの予測に再度触れたハードCEOは、「当時は多方面からかなりの批判を浴びたが、17年から18年にかけて、アナリストもメディアも結局は私の予測と同意見になった」と自らの見解の信ぴょう性の高さを強調した上で、今年も新たな予測を追加した。

 その内容は、25年までに以下のような変化が起こるというもの。
(1)全てのクラウド・アプリケーションにはAIの機能が含まれるようになる
(2)顧客とのやり取りの85%は自動化される
(3)AIは顧客とのやり取りに関する業務の85%を強化する
(4)ITに関する仕事の60%はまだ世の中に存在しておらず、25年までに顕在化する

 「クラウドの次の世代でモダンビジネスに大きな影響を与える技術要素は何か。それはAIだ。ただし、AIは独立した要素ではなく、アプリケーションやシステムの核となる機能として、あらゆる業務を変えていく」とハードCEOは強調し、ERPやHCM、SCM、カスタマーサポートソリューションなどで、すでにそのメリットは明確になってきていると指摘した。

 OOW 2018では、ハードCEOの発言を裏付けるように、AIを活用したSaaS製品の機能拡充が発表されているほか、ラリー・エリソン会長兼CTOもAIを活用した自律型データベース「Oracle Autonomous Database」がこれからのオラクルのポートフォリオの核になる技術であることを改めて強調している。

 また、ハードCEOは新たな予測(4)に関連して、「Autonomous Databaseによってデータベース管理者はいなくなるかもしれない。しかし仕事がなくなるということではなく、もっと高い次元の仕事が生まれるということ」ともコメント。「AIによる自動化は既存システムの保守に8割のIT予算を使わなければならない状況を変え、むしろIT予算の8割をイノベーションに使うことができるようにする可能性を開くものだ」と力を込めた。