建設ドットウェブ(三國浩明社長)は、建設業原価管理システム「どっと原価シリーズ 」と、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」を融合させ、クラウドサービス「どっと原価NEOクラウド」を12月19日より提供を開始する。

 価格は、26万4000円(月額見合い」2万2000円)から。どっと原価NEOシリーズのパートナーを通じて販売する。クラウド化したことにより、サーバーなどの運用が不要となるため、システム部門などがない企業への導入促進を強化していく。