ピー・シー・エー(PCA、佐藤文昭社長)は2月12日、中堅企業向けの新たなシリーズとして「PCA hyperシリーズ」を発表した。第一弾として「PCA 会計 hyper」と「PCA 固定資産 hyper」を2月15日に発売する。

(左から)「PCA会計hyper」、「PCA固定資産hyper」

 PCA hyperは、同社の統合型基幹業務パッケージ「PCA Dream21」で得た中堅企業での基幹業務システムへのニーズを、従来の「PCA DXシリーズ」に反映して開発した新たな製品シリーズ。年商10億円から100億円、従業員数1000人以下、グループ子会社10社未満の中堅企業をターゲットとし、グループ企業管理・セグメント管理機能をはじめ、PCA hyperシリーズを統合して管理するツールを搭載している。

 「PCAクラウド」にも対応しており、企業の成長に合わせてオンプレミスとクラウドの運用を柔軟に切り替えることが可能となる。また、PCA DXシリーズで搭載した「PCA Client-API」と「PCAクラウド Web-API」を搭載し、オンプレミスでもクラウドでもさまざまなシステムとシームレスな連携を実現する。

 さらに、親会社-子会社間でのマスター転送機能や、出向・転籍といった人事配置への対応、「システム管制センター」による管理工数の削減など、ターゲットとなる中堅企業のさまざまなニーズに対応する。

 今後、「PCA 給与 hyper」と「PCA 人事管理 hyper」を7月に、「PCA 会計 hyper  債権管理オプション」と「PCA 会計 hyper 債務管理オプション  」を2020年2月に発売する予定。

 税別価格は、PCA 会計 hyperとPCA 固定資産 hyperいずれも、オンプレミス版が41万円から、クラウド版が月額1万6000円から。