ABEJA(岡田陽介社長)は3月5日、次世代のテクノロジーを探究する研究開発プロジェクト「ABEJA X」を発表した。第一弾として取り組むのが、量子コンピューターである。

 AI事業を展開してきたABEJAは、「ポストAI」のテクノロジーとして量子アニーリングの将来性に着目。この分野の一人者、大関真之・東北大学大学院情報科学院准教授を技術顧問に迎え、量子アニーリングのコンピューターを用いたソフトウェア研究開発を進めていく。また、2019年4月設立予定の、研究機関や企業による「量子アニーリング研究開発コンソーシアム」(仮称)への参画を予定している。

 量子コンピューターは、AI分野で活用するための研究も進んでおり、ABEJAの既存事業との親和性が高い。また、量子コンピューターは商用サービスが始まるも、実運用としての事例は発表されていない。研究開発ではなく、企業向けにビジネスを展開するベンダーの参入が求められているだけに、ABEJAに続くベンダーの登場が期待される。(畔上文昭)