ニュース

KDDI総合研究所とふじみ野市、ICTを使いスマホ依存対策などの実験を開始

2019/07/31 12:00

 KDDI総合研究所と埼玉県ふじみ野市(高畑博市長)は、KDDI総合研究所の「安心便利情報提供」「AIコーチング」「スマホ依存対策」という三つのICTを活用した住民参加型の実証実験を行う。期間は2019年10月から20年3月の予定。


 今回の実証実験では、ふじみ野市がこれまで取り組んでいる安心安全で心身の健康を促進する取り組みと連携し、ふじみ野市の住民を対象に行う。具体的には世帯に応じたまちの安心便利な情報をタイムリーに届ける「安心便利情報提供」、受け入れやすいタイミングでトレーニングを促し、トレーニング方法をアドバイスするとともに、健康増進につながる情報を届ける「AIコーチング」、中高生のスマホ依存に関する悩みの解決を目指す「スマホ依存対策」などを実施する。

 実証実験を通じて使いやすさ、受け入れやすさの確認と効果検証を行い、住民にとって役立つサービスの実現を目指す。
  • 1

関連記事

居酒屋がスマート漁業に取り組む!?

WarpDrive、ウェブ媒介型サイバー攻撃対策でユーザー参加型の実証実験

NTTと日立とOKIなど、「EλAN」技術の実証実験に成功

過疎地域の交通・エネルギー問題をITで解決するプロジェクト、8月に北海道で実証実験

作付け確認業務をAI・ドローンで支援、長崎県五島市で実証実験

外部リンク

KDDI総合研究所=https://www.kddi-research.jp/

ふじみ野市=http://www.city.fujimino.saitama.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>