ニュース

デルテクノロジーズファミリー、セキュリティ人材育成に積極的

2019/08/30 15:00

 デルとEMCジャパンは、サイバーセキュリティ人材育成のため、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)とSecCap連携校の大学生向けサイバーセキュリティ実践学習として、「サイバーインシデント シミュレーション チャレンジ」を開催した。


 NAISTの情報セキュリティ関連授業は講義が中心で、サイバー脅威の検知や対処を実環境で体験する機会が不足していた。デルとEMCジャパンは、同じデルテクノロジーズグループの1社であるRSAに注目。RSAが2015年から定期的に、企業のセキュリティ技術者向けに行っているCTF(攻撃シナリオ)をベースにインシデントレスポンス演習「サイバーインシデント シミュレーション チャレンジ」を構築した。

 8月8日と9日の2日間、単位取得が可能な授業として「サイバーインシデント シミュレーション チャレンジ」を行い、脅威ハンティングやインシデントレスポンスの業務経験が豊富なRSAのエンジニアがサポーターとして参加し、実践的な知見を学生に提供した。

 参加した学生のほとんどは、企業で実際に使っている環境に触れたのは初めて。このチャレンジに参加することで、攻撃プロセスごとの着眼点を知ることができ、侵害の発見方法や経路、影響範囲などを体験した。
  • 1

関連記事

どうする? DX時代のセキュリティ対策、「BCN Conference 2019 夏」で紹介

サイバーリーズン、米SCHと日本のサイバーセキュリティ人材の育成で協業

日立とトレンドマイクロなど、サイバーセキュリティ分野の人材育成で協業

セキュリティコンテストで人材発掘と社内啓発――富士通エフ・アイ・ピー

セキュリティ会社×大学、AIを活用したサイバー防御の共同研究を開始

外部リンク

デル=https://www.dell.com/ja-jp

EMCジャパン=https://www.dellemc.com/ja-jp/

RSA=https://www.rsa.com/ja-jp

奈良先端科学技術大学院大学=http://www.naist.jp/

おすすめ記事