リコー(山下良則社長)は、総務や経理、人事、IT部門といったバックオフィスにおける社内からの問い合わせ対応や、販売サポートにおける顧客対応など、さまざまな問い合わせ対応業務を効率化するAI搭載チャットボット「RICOH Chatbot Service」を10月1日に発売する。

「RICOH Chatbot Service」の利用イメージ

 独自に開発した初期学習技術を搭載し事前に多くのデータを記憶させることなく、あらかじめMicrosoft Excelで作成した想定問答をインポートするだけで手軽に導入できるチャットボット。独自の言語認識技術により、日本語の揺らぎや類義語・同義語を自動で高精度に認識できる。また、会社独自の言い回しを追加登録することで、より的確な対応も可能になる。

 利用者の傾向や満足度をグラフィカルに表示するダッシュボード機能を搭載し、蓄積した問い合わせデータの分析による有効活用も手軽に行える。RICOH Chatbot Serviceを導入することで、社内外からの問い合わせ業務を大幅に効率化できる。また、問い合わせ履歴から利用者のニーズを可視化して、適切な施策につなげることができる。

 ラインアップは、手軽に導入できるパッケージサービスの「RICOH Chatbot Service Starter」「RICOH Chatbot Service Standard」と、カスタマイズや個別サポートに対応する「RICOH Chatbot Service Enterprise」の3タイプを用意し、顧客の用途、規模に合わせて選択できる。

 税別価格は、Q&A数50問までのRICOH Chatbot Service Starterが月額1万8000円、Q&A数200問までのRICOH Chatbot Service Standardが月額5万円、Q&A数2000問までのRICOH Chatbot Service Enterpriseが年額275万円。