名刺管理サービスを提供するSansanは、海外子会社のSansan Global PTE. Ltd.に地域統括CEOとして千住洋氏が就任したと発表した。シンガポールやアジア地域の法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の展開を強化することが狙い。

千住洋・地域統括CEO

 同社は2015年にシンガポールに海外拠点となるSansan Global PTE. Ltd.を設立。アジア地域への展開に取り組んできた。成長著しいアジアでは、ビジネスの出会いが活発に発生しており、ビジネスシーンで取り交わされる名刺の管理・共有するニーズが高まっているという。

 今回、アジア地域でさらなる展開を進めるため、グローバル経験が豊富な千住氏を地域統括CEOに抜擢し、シンガポールを中心として、インドネシア、タイ、ベトナムを含む他のアジア市場へのSansanの事業展開を進め、同時にサービスの開発にも注力していく。

 千住地域統括CEOは、メキシコ、米国を経て、03年に中央大学総合政策部を卒業。その後は日本オラクルに、09年にはSansanに入社した。11年には名刺アプリ「Eight」の立ち上げに参画し、プロダクトマネジメントやマーケティングを統括した。就任に際して千住地域統括CEOは、「東南アジア地域では、企業が持つ人脈を管理し有効活用したいというニーズを日本より強く感じる。なかでもシンガポールは、政府が主導しグローバルビジネスセンターとしての地位を高め、経済成長のために地元企業を支援することに全面的に取り組んでおり、Sansanのサービスを受け入れられる土壌がある」とコメントした。