国産ERPベンダーのワークスアプリケーションズ(井上直樹CEO)は11月13日、国税関係帳簿の作成・保存を行うソフトウェア「HUE・COMPANYシリーズ」が電子帳簿保存法の要件を満たし、日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の「電子帳簿ソフト法的要件認証」「スキャナ保存法的要件認証」の認定を受けたと発表した。


 電子帳簿保存法とは、会計システムを利用する上で作成する総勘定元帳などの帳簿や、取引の際に発生する請求書・領収書の電子保存を認める法律のこと。対象のソフトウェアを利用し、所轄税務署に申請することで、本来紙で保存することと定められている国税関係帳簿・書類を電子データの保存に変えることができる。

 近年、紙資料削減によるコストメリットや文書管理制度の向上からスキャナ保存法へのニーズが高まりつつあり、同社も対応を進めてきた。また、これまでHUE・COMPANYシリーズがサポートしてきた帳簿保存の領域でも、より信頼度の高いシステムを活用して、企業の紙文書の削減を推進する傾向が高まっている。

 HUE・COMPANY会計シリーズは、帳簿保存・スキャナ保存の両認証を取得することで、取引・仕訳の発生から帳簿作成など、それぞれの段階で根拠となる帳簿・書類の電子化を同製品内でワンストップに保存・管理でき、顧客の申請の手間を大幅に削減できる見込みだ。